もどる

Tomixのキハ40


いつも通り、開腹して基板を取り出します。
LEDは両方とも一般的な表面実装で、サイドビューじゃないです。
ライトスイッチを外します。
外したら線路からくる側の2箇所をカプトンテープで絶縁します。

絶縁したらスイッチを戻し、テープを敷いた処は半田付けをしません。
代わりに、スイッチの真ん中の足をコモンとし青を空中配線します。

スイッチを外さず使う事でコモンのV+(青)をOn/Offできます。
これで中間運転台の場合はファンクションでなく物理スイッチでライトをOn/Off出来ます。
パターンをカットします。
この2箇所を切って、コモン-スイッチ-抵抗-LED で独立する様にします。
またLEDのA/Kを入れ替えますが、この写真は間違えていて、車輌内側の前照灯のLEDを一旦取り外し入れ替えます。
ヘッドライト側のLEDを外し、A/Kを入れ替え電線を取付けます。
この写真で白の方を入れ替えます。


キハ40は両運転台なのでもう一方のエンドも同じ様に処理します。
んー、キハ47未だかな〜
必要な箇所に電線を取付け元に組み直します。
デコーダを載せ元の通り組み直して完了。